検索:

トップ > 講座詳細


講座詳細情報

申し込み締切日:2017-09-14 / その他教養

人とどう向き合うか 人と向き合う「場」について考える

主催:佛教大学佛教大学四条センター(京都府)]
問合せ先:四条センター TEL:075-231-8004
開催日
7月6日(木)~9月14日(木)
講座回数
全12回
時間
15:30~17:00
講座区分
通年 
入学金
 - 
受講料
1,000円
定員
150
その他
各1回1000円
補足
※この講座の申し込みは既に締め切りました。

講座詳細

人と向き合うことを考えましょう。人と向き合い、受けとめ、関わって、共に生きる「場」を開くことを考えてみたいと思います。日々、私たちは多くの人と出会い、受けとめ、関わっています。でも、その関わり方は、どんなものでしょうか? 好きな人と嫌いな人とで、その関わり方は、違うはずです。もっと深く関わりたい人もいれば、避けたい人もいるでしょう。でも、 好き嫌いや関わりやすさは、自分の受けとめ方の問題でもあります。だとすれば、自分の受けとめ方を変えれば、人との関わり方も変えて行けるはず。自分の周囲を肯定的に受けとめ、多くの人を信頼することができれば、毎日は今以上に過ごしやすいものになるでしょう。<人と向き合う「場」を 考える>12回を私といっしょに進めましょう。

■夏期の講座内容
7月6日(木)「社会性」とは何か?
 私たちは人の真似をしたり、「同じになりたい」と思ったり、人を熱心に眺 めたり、愛着を感じたりして、人の中で活動し、成長していきます。でも、一 方で、人とは異なった自分を見出したいとも思います。多くの人と協調しながらも、自分らしさを受け入れられたいのです。そのためには、自分を絶 対視せず、多様な自分に気づき、人の評価に惑わされなくなることが必要 ですが、でも、どうすれば、そんなことができるようになるのでしょうか?  ここでは、人の「社会性」を通して、この問題を考えてみたいと思います。

8月3日(木)現代・未来のコミュニケーション
 戦後日本の復興は目覚しいものでした。都会化が急激に進み、多くが 機械化され、メディアが高度に発達・普及して、あらゆるものが商品化し たことで、社会はどのように変化したでしょうか? この急激な変化は、私たちのコミュニケーションや人間関係にも多大な影響をもたらしました。 ここでは、便利さ・効率性・合理性を追求してきた私たちの社会の変化が、 私たちの人間関係をどう変えてきたのか、そして、今後も進むであろう変 化の中で、私たちがどうすればいいのかを考えたいと思います。

9月14日(木)聴く姿勢で向き合う
 都会化・メディア化・商品化が進行し、便利さ・効率化・合理性を追求し てきた結果、私たちの対人関係は多種多様化し、複雑になっています。そんな現代社会の中で私たちはどう生きればよいのか、子どもたちをどう 育てればよいのか、もう一度人間関係の原点に立ち戻って考えてみる必 要はないでしょうか? ここでは、「聴く」姿勢のあり方を問いなおし、人 を肯定的に受けとめることから始まる人間関係について考えましょう。向き合うときにできる「場」について考えましょう。

備考

※講師の緊急な都合などにより、日程、講義内容等を変更する場合があります。

※開講当日の申し込みです(臨地ゼミナールなど一部の講座は除きます)。

※受講申込の受付は講座開始の60分前(10:00開始の講座は30分前)から開始します。

※申込者が講堂(会場)の収容人員を超過した場合は、その時点で申込受付を終了させていただきます。

講師陣

名前 森川 知史
肩書き 京都文教短期大学教授
プロフィール

講師陣の著書 (アマゾンWEBサービスを利用しております。)※一部一致しない場合がございます

今考えたい人と向きあう力 (京都書房ことのは新書)
今考えたい人と向きあう力 (京都書房ことのは新書)
森川知史 (著)
価格: (税込)
出版社:京都書房(2014-05-01)
確かな人間関係のためのコミュニケーション論
確かな人間関係のためのコミュニケーション論
森川知史 (著)
価格: (税込)
出版社:京都書房(2011-06-01)
「私的には…」からの脱出
「私的には…」からの脱出
渡邊 浩史 横谷 一子 千古 利恵子 森川 知史 (著)
価格: (税込)
出版社:創文社(2009-08-20)

関連講座

質問する

↑ページの先頭へ

© 2017 Second Academy CO.,LTD All right reserved.