検索:

トップ > 講座詳細


講座詳細情報

申し込み締切日:2018-03-23 / その他教養:芸術 / 学内講座コード:18

続々京都芸能散歩 歌舞伎でめぐる京の社寺巡礼

主催:佛教大学佛教大学四条センター(京都府)]
問合せ先:四条センター TEL:075-231-8004
開催日
1月26日(金)~3月23日(金)
講座回数
全12回
時間
10:30~12:00
講座区分
通年 
入学金
 - 
受講料
1,000円
定員
150
その他
各1回1000円
補足
※この講座の申し込みは既に締め切りました。

講座詳細

 歌舞伎の演目をみると、京都の各地を舞台としたものがいくつもあります。有名な社寺や町を舞台にしていますが、史実とはどのような関係があるのでしょうか。
昨年度に引き続き、歌舞伎発祥の地京都とその周辺地域を舞台とした歌舞伎狂言などを考えましたが、本年度は京都の社寺を舞台としていたり、演目にゆかりのある社寺に注目して、その史蹟について考えていきます。演目とゆかりの社寺をみなさんと紙上巡礼しながら、舞台設定や作者、主人公の心情などを探りたいと思います。

■冬期の講座内容
1月26日(金) 妙満寺と『京鹿子娘道成寺』
 俳人松永貞徳ゆかりの寺院妙満寺。彼が正式俳諧興行として「雪の会」を催したことから、「雪の庭」と称される庭があります。実はこのお寺には安珍清姫伝説の、あの鐘があります。紀州道成寺の安珍清姫伝説で、清姫の怨念がこもった鐘が、後年、怨念解脱のために納められたのです。歌舞伎舞踊『京鹿子娘道成寺』と絡めながら、みなさんとご一緒に考えていきましょう。

2月23日(金) 南禅寺と『楼門五山桐』
 三代目嵐小六(初代嵐雛助)は時平の七笑を当たり役としましたが、石川五右衛門も当たり役にしました。彼の長男二代目雛助は荒事かかった五右衛門を演じ喝采を浴び、これまた五右衛門役を当たり役としました。『楼門五山桐』の舞台、南禅寺(山門)とその界隈を、みなさんとご一緒に考えていきましょう。 

3月23日(金) 知恩院と法然上人劇
 佛教大学は仏教精神つまり、釈尊と法然上人の御教えを建学の精神としています。明治期以降、宗祖劇が伝道という意味をこめ、つくられていきます。法然上人劇などをみつめながら、知恩院を、みなさんとご一緒に考えていきましょう。

備考

※講師の緊急な都合などにより、日程、講義内容等を変更する場合があります。

※開講当日の申し込みです(臨地ゼミナールなど一部の講座は除きます)。

※受講申込の受付は講座開始の60分前(10:00開始の講座は30分前)から開始します。

※申込者が講堂(会場)の収容人員を超過した場合は、その時点で申込受付を終了させていただきます。

講師陣

名前 斉藤利彦
肩書き 佛教大学歴史学部准教授
プロフィール

講師陣の著書 (アマゾンWEBサービスを利用しております。)※一部一致しない場合がございます

海後宗臣 教育改革論集
海後宗臣 教育改革論集
海後宗臣 (著)
寺﨑昌男 (著)
斉藤利彦 (著)
越川求 (著)
価格: ¥ 10,584(税込)
出版社:東京書籍(2018-04-02)
明仁天皇と平和主義 (朝日新書)
明仁天皇と平和主義 (朝日新書)
斉藤利彦 (著)
価格: ¥ 1,555(税込)
出版社:朝日新聞出版(2017-05-01)
明仁天皇と平和主義 (朝日新書)
明仁天皇と平和主義 (朝日新書)
斉藤利彦 (著)
価格: (税込)
出版社:朝日新聞出版(2015-07-13)

関連講座

質問する

↑ページの先頭へ

© 2017 Second Academy CO.,LTD All right reserved.