検索:

トップ > 講座詳細


講座詳細情報

申し込み締切日:2019-02-28 / その他教養:文学 / 学内講座コード:30

定家撰「百人一首」の歌人たち歌人たちの姿にふれる

主催:佛教大学佛教大学四条センター(京都府)]
問合せ先:四条センター TEL:075-231-8004
開催日
4月26日(木)~2月28日(木)
講座回数
12
時間
13:00~14:30
講座区分
通年 
入学金
 - 
受講料
1,000円
定員
150
その他
各1回1000円
補足

講座詳細

 現代人に好まれ読まれている古典文学作品は、現存する作品の中のほんの一部です。定家撰「百人一首」は、その数少ない作品の一つです。「この作品が何故好まれるのだろう」と、その理由を考えても、明確な答えは出せないでしょう。今回は、定家撰「百人一首」に収録された歌人たちの詠を鑑賞しながら、歌人たちがそれぞれの時代をどう生きたのか―その姿に注目しようと思います。

■前期の講座内容
4 月26日(木)宇都宮入道蓮生と定家
 宇都宮入道蓮生は、小倉山に別荘を建て、その内部の装飾を考えました。「百人一首」は、その結果企画されたものです。蓮生は、どうして高齢の定家に「百人一首」の撰集を頼んだのでしょう。二人の関係と定家撰「百人一首」の特徴を調べましょう。

5 月24日(木))定家の息・為家
 定家は、『古今和歌集』以下『新古今和歌集』までの8つの勅撰和歌集から歌を撰んで「百人一首」の草稿といわれる『百人秀歌』をまとめました。「百人一首」と『百人秀歌』とを比べると、違いがあります。その違い」について考えます。

6 月28日(木)万葉歌人・山部赤人と大伴家持
 我が国最初の和歌集『万葉集』は、後の歌集や歌人たちに、さまざまな影響を与えました。しかし、万葉歌人については、その姓名さえも曖昧で他の人と混同されていることもあります。このようなことが赤人や家持には起こっていないか、定家撰「百人一首」収録歌を鑑賞しながら、調べてみま
す。

7 月26日(木)人麿と六条藤家歌人・顕輔
 万葉歌人・人麿は、六条藤家にとって特別な存在でした。顕輔は、人麿にどのような思いを持っていたのか、考えます。また、定家撰「百人一首」に収録された顕輔の詠が、当時どのように評価されていたのか、ということも考えます。

8 月30日(木)藤原顕輔と清輔の親子
 六条藤家の当主である顕輔とその後継者・清輔は、親子でありながら難しい関係でした。二人の関係が、歌人としての人生にそれぞれのどのような影響を及ぼしたのか考えます。また、定家撰「百人一首」に収録された詠を比較しながら、詠歌姿勢の違いにも注目します。

9 月27日(木)源俊頼と藤原基俊の和歌志向
 源俊頼と藤原基俊の二人は、多くの歌人を指導しています。詠歌の指導は、当時の貴族たちに必要な教養の修練にも役だっています。定家撰「百人一首」に収録された詠を比較しながら、歌人としての力量と二人の指導法の違いを考えます。

備考

※講師のやむをえない事情、天災や天候の激変、その他突発的な事情により、講座開講の日時・講座の内容等を変更または休講する場合があります。その場合、ホームページに掲載します。

※開講当日の申し込みです(臨地ゼミナールなど一部の講座は除きます)。

※受講申込の受付は講座開始の60分前(10:00開始の講座は30分前)から開始します。

※申込者が講堂(会場)の収容人員を超過した場合は、その時点で申込受付を終了させていただきます。

講師陣

名前 千古 利恵子
肩書き 京都文教短期大学教授、 佛教大学講師
プロフィール

関連講座

質問する

↑ページの先頭へ

© 2017 Second Academy Co.,Ltd All rights reserved.