検索:

トップ > 講座詳細


講座詳細情報

申し込み締切日:2018-09-12 / その他教養 / 学内講座コード:14

もっと身近に植物園! おもしろいものがいっぱい!!!

主催:佛教大学佛教大学四条センター(京都府)]
問合せ先:四条センター TEL:075-231-8004
開催日
4月18日(水)~9月12日(水)
講座回数
全12回
時間
10:30~12:00
講座区分
通年 
入学金
 - 
受講料
 - 
定員
150
補足

講座詳細

 植物園は生きた植物の博物館です。京都府立植物園やそれぞれにテーマをしぼった植物を教室でじっくり見ることによって、講座の後のみなさんの植物園散歩が楽しく充実したものになればと思います。
コーディネーター 佛教大学講師、 京都府立植物園公認ガイド 袴田 良子

注意!本講座は四条センターでの講義です。植物園への臨地ゼミナールではございません。

■前期の講座内容
4月18日(水)源氏物語に登場する春の花・私論 ~梅、桜、藤、山吹など
京都府立植物園名誉園長 京都府立大学客員教授 松谷 茂
 『源氏物語に登場する春の花のいくつかは、女君にたとえられます。桜は源氏最愛の紫の上に、山吹は玉鬘に。自然の情景に映し出される花を、紫式部はどのような心情でとらまえ、どのように伝えたかったのでしょうか。』

5月16日(水)初夏
佛教大学講師 京都府立植物園公認ガイド 袴田 良子
 サクラの花も終わり、様々な花や芽が動き始める季節です。初夏の植物園の様子を写真で紹介します。

6月13日(水)孫文のハス~実が渡されて百年
元京都府立植物園園長 金子 明雄
 1918年孫文は革命に失敗し日本へ、支援者田中隆と面談し、感謝を込め4粒のハスの実を手渡した。それから百年、実から育成されたハスは「孫文蓮」と呼称されますが、日本では品種の混乱が生じ、中国でも赤色のハスが孫文蓮として広まっています。その経緯と本来の「孫文蓮」について解説します。

7月11日(水)京都府立植物園の温室植物、ベスト100
京都府立植物園名誉園長 京都府立大学客員教授 松谷 茂
 温室植物のオモロ名前ベスト3の「コラ」、「アアソウカイ」、「ウシノシタ」。学術的に貴重な「キソウテンガイ」、「アリストロキア」、「ダーウィンのラン」。目が釘付けになった「メディニア・クラサタ」などを紹介します。

8月22日(水)夏
佛教大学講師 京都府立植物園公認ガイド 袴田 良子
 夏の植物園はどんな様子でしょう。暑さの中で力強く見える植物や木陰で涼しそうに見える植物などを写真で紹介します。

9月12日(水)夏の終わり
佛教大学講師 京都府立植物園公認ガイド 袴田 良子
 夏の日ざしは弱まってきたでしょうか。今年は台風がどれくらい来るでしょうか。夏のなごりの植物園を写真で紹介します。

備考

※講師のやむをえない事情、天災や天候の激変、その他突発的な事情により、講座開講の日時・講座の内容等を変更または休講する場合があります。その場合、ホームページに掲載します。

※開講当日の申し込みです(臨地ゼミナールなど一部の講座は除きます)。

※受講申込の受付は講座開始の60分前(10:00開始の講座は30分前)から開始します。

※申込者が講堂(会場)の収容人員を超過した場合は、その時点で申込受付を終了させていただきます。

講師陣

名前 松谷 茂
肩書き 京都府立植物園名誉園長 京都府立大学客員教授
プロフィール
名前 袴田 良子
肩書き 佛教大学講師 京都府立植物園公認ガイド
プロフィール
名前 金子 明雄(かねこあきお)
肩書き 元京都府立植物園園長
プロフィール

関連講座

質問する

↑ページの先頭へ

© 2017 Second Academy CO.,LTD All right reserved.