検索:

トップ > 講座詳細


講座詳細情報

申し込み締切日:2019-03-07 / その他教養:世界史 / 学内講座コード:20

ライヴァル西洋史

主催:佛教大学佛教大学四条センター(京都府)]
問合せ先:四条センター TEL:075-231-8004
開催日
10月11日(木)、11月8日(木)、12月13日(木)、
1月10日(木)、2月14日(木)、3月7日(木)
講座回数
全9回
時間
15:30~17:00
講座区分
通年 
入学金
 - 
受講料
1,000円
定員
150
その他
各1回1000円
補足

講座詳細

 人物を中心に西洋史を学びます。歴史の画期となった重要な事件や戦争を、敵味方に分かれたふたりの人物を比べながら、詳しくみてゆくことにします。勝者・敗者それぞれの運命をたどってゆくと、英雄たちの栄光と悲哀が浮かび上がってくるでしょう。取り上げるライヴァルは、遠い神話の時代から中世初めまでの9組18人。各回は一話完結ですが、通して受講していただくと、古代から中世への西洋史の大きな流れもわかります。 

■後期の講座内容
10月11日(木) ハンニバルとスキピオ  ―地中海におけるローマの覇権
 地中海世界の覇権をかけてローマとカルタゴは戦争を繰り返しました。ポエニ戦争です。もっとも激しく戦われた第2回のポエニ戦争、その主役となったハンニバルとスキピオの戦いをたどります。ふたりの英雄の戦争後の運命についても学びましょう。

11月8日(木) カエサルとウェルキンゲトリクス  ―知られざる英雄
 古代ローマの英雄カエサルのガリア(今日のフランス)征服について学びます。カエサル率いるローマ軍に対して、独立を守るべく戦ったガリア人(ケルト人)の指導者ウェルキンゲトリクスという知られざる英雄の活躍も見ましょう。

12月13日(木) アントニウスとオクタウィアヌス  ―初代ローマ皇帝は?
 前31年のアクティウムの海戦は、古代ローマの歴史を変えた戦争でした。この戦いでライヴァルのアントニウスを破ったオクタウィアヌスは、まもなく初代ローマ皇帝となります。ローマ帝国の誕生です。アントニウスとともに戦ったクレオパトラの運命も合わせて学びましょう。

1月10日(木) ユリアヌスとコンスタンティウス2世  ―ローマ帝国のキリスト教化
 衰退しつつあったローマ帝国は、キリスト教を受け入れることによって再建されました。有名な「コンスタンティヌスの改宗」です。最初のキリスト教ローマ皇帝コンスタンティヌス1世のあとを継いだ皇帝たちは、キリスト教にどう向かい合うのか迫られました。

2月14日(木) アラーリクとスティリコ ―ゲルマン民族移動の波
 西洋史の新しい時代、中世はローマ帝国にゲルマン民族が侵入することによって始まりました。ローマへ攻め込む部族王のアラーリック、ローマ帝国を守るために奮闘する将軍スティリコ、歴史的な戦いの主人公はともにゲルマン人でした。

3月7日(木) ブルンヒルデとフレデグンデ  ―フランク王国の女傑対決
 中世ヨーロッパの基礎となったフランク王国ですが、必ずしも順調に発展したわけではありません。王族のあいだで激しい戦いが繰り返されました。とくに、ふたりの王妃が繰り広げた血なまぐさい争いは、ヨーロッパ史の主役となったフランク王国の影の部分を語っています。

備考

※講師のやむをえない事情、天災や天候の激変、その他突発的な事情により、講座開講の日時・講座の内容等を変更または休講する場合があります。その場合、ホームペーシ゛に掲載します。

※開講当日の申し込みです(臨地ゼミナールなど一部の講座は除きます)。

※受講申込の受付は講座開始の60分前(10:00開始の講座は30分前)から開始します。

※申込者が講堂(会場)の収容人員を超過した場合は、その時点で申込受付を終了させていただきます。

講師陣

名前 井上 浩一
肩書き 大阪市立大学名誉教授 元佛教大学教授 
プロフィール

関連講座

質問する

↑ページの先頭へ

© 2017 Second Academy Co.,Ltd All rights reserved.