検索:

トップ > 講座詳細


講座詳細情報

申し込み締切日:2019-03-12 / その他教養:芸術 / 学内講座コード:27

能へのいざない

主催:佛教大学佛教大学四条センター(京都府)]
問合せ先:四条センター TEL:075-231-8004
開催日
10月9日(火)、11月13日(火)、12月11日(火)、
1月8日(火)、2月12日(火)、3月12日(火)
講座回数
全12回
時間
13:00~14:30
講座区分
通年 
入学金
 - 
受講料
1,000円
定員
150
その他
各1回1000円
補足
※この講座の申し込みは既に締め切りました。

講座詳細

 能は六百年以上演じ継がれてきました。それは能の描く世界に、いつの時代の人も共感したからにほかなりません。人々を祝福し、 鎮魂し、恋慕、哀傷、はたまた危機に直面した人の心の表す、これが能の舞台です、今年は、様々な面から、能の深層を見てゆきます。 ビデオの上映や実演などとともに、能の世界を旅しましょう。

■後期の講座内容
10月9日(火) 安宅
 心。絶対絶命の危機に瀕し、なんとしても主君義経を守ろうとする弁慶の心意気。

11月13日(火) 盛久
 命。処刑の刻限を待つ盛久。観音への信仰は、奇跡を呼びます。作者元雅は命を見つめて能を作りました。

12月11日(火) 鉢木
 心。極貧にあえぎながらも、武士の心を持ち続ける常世。武士の心意気を静かな雪の物語として描きます。

1月8日(火) 船弁慶
 悲。愛する義経と別れる静御前。命を奪った義経に向合う平知盛の霊。共に深い悲しみを訴えます。

2月12日(火) 紅葉狩
 鬼。平惟茂を紅葉狩の酒宴に引込む美女。応仁の乱の後、このようなわかりやすい能が作られました。

3月12日(火) 土蜘蛛
 鬼。源賴光を襲う土蜘蛛。賴光は善者、土蜘蛛は悪者ですが、土蜘蛛の根底には虐げられた者の悲しみがあります。

※曲目を変更することもあります。何卒ご了承のほどお願いいたします。

備考

※講師のやむをえない事情、天災や天候の激変、その他突発的な事情により、講座開講の日時・講座の内容等を変更または休講する場合があります。その場合、ホームペーシ゛に掲載します。

※開講当日の申し込みです(臨地ゼミナールなど一部の講座は除きます)。

※受講申込の受付は講座開始の60分前(10:00開始の講座は30分前)から開始します。

※申込者が講堂(会場)の収容人員を超過した場合は、その時点で申込受付を終了させていただきます。

講師陣

名前 河村 晴久
肩書き 能楽師(観世流シテ方)
プロフィール
質問する

↑ページの先頭へ

© 2017 Second Academy Co.,Ltd All rights reserved.