検索:

トップ > 講座詳細


講座詳細情報

申し込み締切日:2020-03-21 / その他教養 / 学内講座コード:34

折り紙講座

主催:佛教大学佛教大学四条センター(京都府)]
問合せ先:四条センター TEL:075-231-8004
開催日
10月19日(土)、11月16日(土)、12月21日(土)、
1月18日(土)、2月22日(土)、3月21日(土)
講座回数
全12回
時間
10:30~12:00
講座区分
通年 
入学金
 - 
受講料
1,000円
定員
80
その他
各1回1000円
補足
※この講座の申し込みは既に締め切りました。

講座詳細

 「折り紙」は日本の民芸のひとつで、人から人へと伝えられ、日本文化の一端を担ってきました。この「折り紙」はそのままローマ字表記され、いまでは世界中に「Origami」として知られるようになり、世界23か国には「折り紙協会」もできて、愛好家や作家が増え続けています。折り紙といえば「折り鶴」に代表されますが、この「端正な美しさ」を備えた日本生まれの「折り紙」の名作の数々を解析、再現しながら、「古くて新しい折り紙の世界」を概括的に学んでみましょう。

※受講生へのお願い
 毎回、テーマに因んだ折り紙作品を1つか2つ講習しますので、15cmオリガミを10枚ほど、15cm定規、赤と黒の鉛筆、細いノズルのボンドタイプ糊、その他、筆記用具としてのノートとボールペンをご持参ください。オリガミは、100円ショップで買い求められるものでよく、色も問いませんが、柄物は避けてください。

■後期の講座内容
10 月19日(土)折り紙の基本形
 折り紙には「基本形」というものがいくつかあります。どんな作品でも、まずはこの基本形を「正しく、正確に、合理的に折る」ことで最終的にはその完成度を高めていくわけですが、それはどのようにして可能になるのでしょうか?折り紙の基本に立ち返り、「驚きの基本折り」を体験してみましょう。

11 月16日(土)動物の折り紙の特徴
 動物の折り紙といえば「折り鶴」ですが、犬や猫やキツネといった動物折り紙にはどんなものがあるのでしょうか?また、「動物折り紙の特徴」とはどんなもので、その折り方にはどんな注意や工夫が必要なのでしょうか?

12 月21日(土)箱の折り紙の特徴
 実用折り紙の代表は「箱」です。箱には身(底)と蓋がありますが、それを一枚だけで折ってみたり、何枚かを組み合わせて作ってみたりして、使用する枚数による「仕上がりの変化」を楽しむことができます。その折り方にはどんな注意や工夫が必要なのでしょうか?

1 月18日(土)花の折り紙の特徴
 「花」は、折り紙の分野でも多くのひとが取り組んでいる美しい世界です。その折り方にも「紫陽花折り」や「花弁折り」などと、いろんな技法が存在していますが、その折り方にはどんな注意や工夫が必要なのでしょうか?

2 月22日(土)ユニット折り紙の特徴
 「ユニット折り紙」とは、同じ形に折ったユニット(部品)をふたつ以上組み合わせて、何かの形に作り上げたものをいいます。同じものをたくさん折るのですから、意外と簡単に楽しめるものですが、その折り方や組み方にはどんな注意や工夫が必要なのでしょうか?

3 月21日(土)折り紙飛行機の特徴
 「折り紙飛行機」は、折り紙の中でも「特筆」すべき特徴を備えた分野です。それは「飛ぶ」という絶対的な物理的条件を備えていなければならない点で、そのための「特別な折り方」が必要とされますが、そこにはどんな注意や工夫が必要なのでしょうか?ほんの少し、「航空力学」の世界ものぞいてみましょう。

備考

※講師のやむをえない事情、天災や天候の激変、その他突発的な事情により、講座開講の日時・講座の内容等を変更または休講する場合があります。その場合、ホームページに掲載します。

※開講当日の申し込みです(臨地ゼミナールなど一部の講座は除きます)。

※受講申込の受付は講座開始の60分前(10:00開始の講座は30分前)から開始します。

※申込者が講堂(会場)の収容人員を超過した場合は、その時点で申込受付を終了させていただきます。

講師陣

名前 山下 明
肩書き 日本折紙協会理事
プロフィール
質問する

↑ページの先頭へ

© 2017 Second Academy Co.,Ltd All rights reserved.