検索:

トップ > 講座詳細


講座詳細情報

申し込み締切日:2020-03-11 / その他教養 / 学内講座コード:12

もっと身近に植物園! おもしろいものがいっぱい!!!

主催:佛教大学佛教大学四条センター(京都府)]
問合せ先:四条センター TEL:075-231-8004
開催日
10月16日(水)、11月13日(水)、
12月11日(水)、1月15日(水)、2月12日(水)、
3月11日(水)
講座回数
全12回
時間
10:30~12:00
講座区分
通年 
入学金
 - 
受講料
 - 
定員
150
補足
※この講座の申し込みは既に締め切りました。

講座詳細

 今年95歳をむかえた京都府立植物園。台風によって受けた大きな被害も少しずつ新しい生命へと引き継がれています。ありのままの植物園の四季の様子や歴代園長による植物のお話しを四条センターで聞いていただきます。

コーディネーター 佛教大学非常勤講師、 京都府立植物園公認ガイド 袴田 良子

■後期の講座内容
10 月16日(水)秋
佛教大学非常勤講師 京都府立植物園公認ガイド 袴田 良子
 いくつもの色に染まった花や葉っぱ。錦色の植物園を写真で紹介します。

11 月13日(水)源氏物語に登場する植物のよもやま話
京都府立植物園名誉園長 京都府立大学客員教授 松谷 茂
 源氏物語には、100を超える植物が登場します。作者・紫式部の観察眼には超天才的な感性を感じますが、私なりの解釈を交え、お話しします。マツはアカマツだったのかクロマツだったのか、など。 

12 月11日(水)メタセコイア ~発見から生態まで~
元京都府立植物園長 金子 明雄
 メタセコイアは、1941年三木茂博士によって、日本で出土した化石から名付けられましたが、百万年前に消滅したと考えられていました。しかし1945年中国四川省奥地で発見され、今日国内各地で見ることができます。その経緯と生態などを解説します。

1 月15日(水) 上賀茂神社社叢林を構成する樹木
京都府立植物園名誉園長 京都府立大学客員教授 松谷 茂
 参道沿いにはシダレザクラ、ゴヨウマツ、キリが、境内にはツガ、ナンジャモンジャ(ヒトツバタゴ)、カナメモチなど、実に多彩な樹木が生立しています。今回、それら樹木の特徴などについてお話しします。

2 月12日(水) 冬
佛教大学非常勤講師 京都府立植物園公認ガイド 袴田 良子
 目も耳も静かに感じる季節。静寂の中にも小さな命がある植物園を写真で紹介します。

3 月11日(水) 春
佛教大学非常勤講師 京都府立植物園公認ガイド 袴田 良子
 土や芽鱗に守られていた芽が動き出しました。新しい生命あふれる植物園を写真で紹介します。

備考

【注意!】本講座は四条センターでの講義です。
植物園への臨地ゼミナールではございません。

※講師のやむをえない事情、天災や天候の激変、その他突発的な事情により、講座開講の日時・講座の内容等を変更または休講する場合があります。その場合、ホームページに掲載します。

※開講当日の申し込みです(臨地ゼミナールなど一部の講座は除きます)。

※受講申込の受付は講座開始の60分前(10:00開始の講座は30分前)から開始します。

※申込者が講堂(会場)の収容人員を超過した場合は、その時点で申込受付を終了させていただきます。

講師陣

名前 袴田 良子
肩書き 佛教大学非常勤講師 京都府立植物園公認ガイド
プロフィール
名前 松谷 茂
肩書き 京都府立植物園名誉園長 京都府立大学客員教授
プロフィール
名前 金子 明雄
肩書き 元京都府立植物園長
プロフィール
質問する

↑ページの先頭へ

© 2017 Second Academy Co.,Ltd All rights reserved.