検索:

トップ > 講座詳細


講座詳細情報

申し込み締切日:2020-03-25 / その他教養 / 学内講座コード:15

京都の伝統産業と文化 京都の食文化

主催:佛教大学佛教大学四条センター(京都府)]
問合せ先:四条センター TEL:075-231-8004
開催日
10月30日(水)、11月27日(水)、12月18日(水)、
1月22日(水)、2月19日(水)、3月25日(水)
講座回数
全6回
時間
13:00~14:30
講座区分
後期 
入学金
 - 
受講料
1,000円
定員
150
その他
各1回1000円
補足
※この講座の申し込みは既に締め切りました。

講座詳細

 この講座では、おもに京都の伝統産業や文化などを取り上げ、その魅力を探っていきます。地域の宝を、京都の住民ある老舗店主や職人から学んで、京都の歴史や文化を再認識します。特に今期は、食文化に焦点をあてて学んでいきましょう。

■後期の講座内容
10 月30日(水)『京菓子-科学と文化の視点から-』
老松主人 太田 達
 京菓子は「有職儀式典礼及び茶道に用いるもの」と定義されています。16世紀以降の茶の湯の勃興とともに進化を遂げた茶席の菓子とは、茶事のテーマである本床の掛軸を和歌に置き換え、二次元のスケッチをおこし客の好みにより材料や製法を選び、50グラムの三次元立体造形としてものです。このところを詳説します。

11 月27日(水)京都の酒 歴史と将来
招徳酒造株式会社 取締役社長 木村 紫晃
 京都の酒造りの歴史は平安京にまで遡ります。宮中・儀式の酒が都市の発展に伴い、次第に市井の酒となり,室町時代には洛中、数百軒の酒屋が 記録されています。千年以上に渡り、社会の変化や天災を超えて現在も主産地として盛業しています。その歴史・特色・将来を展望します。

12 月18日(水)会席料理と懐石
株式会社たん熊北店 代表取締役社長 栗栖 正博
 京料理は、平安時代より公家文化・武家文化・寺院の文化・茶の湯の文化等を通じ、おもてなしの食文化として発展してまいりました。現代は、京料理のおもてなしの会席料理として、料理屋文化として残っております。又、茶道の茶事における懐石としても発展し、現在、三千家をはじめとする茶道家元の指導の元、数寄者、茶人等を中心に、広まっております。昨今、会席料理と懐石が混同している方々が多く、京懐石やくずし懐石等、意味のわからない表現がふえてきております。今回は、時代の流れと共にひもといてゆきます。

1 月22日(水)お茶飲んで 元気長生き 倖せに!!
株式会社祇園辻利 代表取締役社長 三好 正晃
 今、京都は外国人観光客を中心に季節を問わず大変賑わっております。世界的な抹茶ブームも相まって街行く観光客達は抹茶ソフトクリームや抹茶ドリンクを片手に楽しそうに歩いておられます。茶業会にとっても誠に有難いことです。お茶は古来、中国より仙薬として伝わり現在では様々な飲料や食料品に使用されております。そんな中、我々が考える「お茶」の楽しみ方、本来の「効能」等をお伝え出来ればと思っております。

2 月19日(水) 京都の「湯葉」~伝統と文化そして未来~
株式会社 湯葉に 代表取締役 吉田 恵美子
 初代の祖父がよく戦争の話をしておりました。「日中戦争のさなか、当方の職人が北支に出兵の折、中国で村人が湯葉を造っているのを見たと知らせに来たことがある。」 子供の私は当然聞き流しておりました。しかしこれはすごい事なんだとずっと後で気づきました。戦争のさなか、保存食を作っていたんです。煮豆でもなく、お豆腐でもなく、保存の利く栄養価の高い湯葉だったんですね。2000年の伝統を維持してきた湯葉のお話を戦後からを中心に、そしてちょっと だけ未来を覗くこともしてみたいと思っています。

3 月25日(水) 「食と健康~漬物が担ってきた役割と使命~」
株式会社 西利 代表取締役社長 平井 誠一
 漬物は日本人の食生活に欠かせない食品として今日まで愛されてきました。ご飯をおいしく食べるための副菜、そして保存食として。一方で漬物は味噌、醤油、酒、納豆などと並ぶ日本の代表的な発酵食品です。発酵食品には、人間の体の調子を整えることに役立つ乳酸菌などの微生物が豊富に含まれています。今回は漬物で培った知見と技術を活かして、食と健康についてのお話をさせていただきたいと思います。

備考

※講師のやむをえない事情、天災や天候の激変、その他突発的な事情により、講座開講の日時・講座の内容等を変更または休講する場合があります。その場合、ホームページに掲載します。

※開講当日の申し込みです(臨地ゼミナールなど一部の講座は除きます)。

※受講申込の受付は講座開始の60分前(10:00開始の講座は30分前)から開始します。

※申込者が講堂(会場)の収容人員を超過した場合は、その時点で申込受付を終了させていただきます。

講師陣

名前 太田 達
肩書き 老松主人
プロフィール
名前 木村 紫晃
肩書き 招徳酒造株式会社 取締役社長
プロフィール
名前 栗栖 正博
肩書き 株式会社たん熊北店 代表取締役社長
プロフィール
名前 三好 正晃
肩書き 株式会社祇園辻利 代表取締役社長
プロフィール
名前 吉田 恵美子
肩書き 株式会社 湯葉に 代表取締役
プロフィール
名前 平井 誠一
肩書き 株式会社 西利 代表取締役社長
プロフィール
質問する

↑ページの先頭へ

© 2017 Second Academy Co.,Ltd All rights reserved.