検索:

トップ > 講座詳細


講座詳細情報

申し込み締切日:2020-02-29 / その他教養 / 学内講座コード:45

2019年度 歴史学部提供講座 歴史を学ぶ 歴史に学ぶ ─歴史学部への招待─

主催:佛教大学佛教大学四条センター(京都府)]
問合せ先:四条センター TEL:075-231-8004
開催日
10月19日(土)、 2月29日(土)
講座回数
全4回
時間
13:00~14:30
講座区分
後期 
入学金
 - 
受講料
 - 
定員
150
補足
※この講座の申し込みは既に締め切りました。

講座詳細

 1966年から始まった佛教大学の史学科と歴史研究は2016年春に50周年をむかえました。約半世紀にわたり高度な実証性という学風のもと、多くの研究成果と有能な人材を輩出してきましたが、その研究力と教育力を背景に、2010年より歴史学部を設置し今日にいたっています。
 歴史学部として、2011年に『歴史を学ぶ 歴史に学ぶ』を刊行、2016年、『歴史学への招待』を発刊し、内外へ学部の研究力を発信しています。
 2017年度より、佛大史学50年を記念し、同時に、歴史学部の研究力と教育力を、さらに多くの方々に知っていただくために、本学部の教員による提供講座を開講いたしております。3年目となります本年もどうぞ、ご期待ください。

■後期の講座内容
10月19日(土)中国の銀と銭
 18世紀中国の税制改革、19世紀半ばのアヘン戦争、これらの歴史的事件に銀が大きく関係していることはよく知られている。中国が近代化する以前、銀の問題は確かに大きかった。しかし、これは概括的な理解であり、現実は銭との絡み合いの中で簡単に一般化できない面をもっている。銀という貨幣の性格、その歴史的展開を、実物の観察をもとに考察し、中国における銀経済の実態に迫りたい。

2月29日(土)版籍奉還と藩の制度化
 1960年代以来、現代に至る迄、江戸時代の初めに幕藩体制が成立した、と説かれることが多いのですが、こうした考え方は、近年、見直しが進んでいます。すなわち、「藩」は、あくまでも明治2年6月の、いわゆる版籍奉還で、初めて成立した制度です。江戸時代に、藩は存在しません。この講義では、学説の見直しを踏まえながら、実際に成立する藩について、具体的な制度の内容を明らかにしてみましょう。

備考

※講師のやむをえない事情、天災や天候の激変、その他突発的な事情により、講座開講の日時・講座の内容等を変更または休講する場合があります。その場合、ホームページに掲載します。

※開講当日の申し込みです(臨地ゼミナールなど一部の講座は除きます)。

※受講申込の受付は講座開始の60分前(10:00開始の講座は30分前)から開始します。

※申込者が講堂(会場)の収容人員を超過した場合は、その時点で申込受付を終了させていただきます。

講師陣

名前 宮澤 知之
肩書き 佛教大学歴史学部教授
プロフィール
名前 青山 忠正
肩書き 佛教大学歴史学部教授
プロフィール
質問する

↑ページの先頭へ

© 2017 Second Academy Co.,Ltd All rights reserved.