検索:

トップ > 講座詳細


講座詳細情報

申し込み締切日:2019-11-06 / 日本史:その他教養

ナイトミュージアム 考古学入門講座【百舌鳥・古市古墳群における近年の発掘調査成果】

主催:関西大学関西大学梅田キャンパス(大阪府)]
問合せ先:梅田キャンパスオフィス:06-4256-6410
開催日
11月7日(木)
11月21日(木)
12月5日(木)
講座回数
3回
時間
各回19:00-20:30
講座区分
数回もの 
入学金
 - 
受講料
2,000円
定員
100
その他
受講料は全3回分となります。
※本コースは全3回が受講単位となります。受講回数による受講料の減額は承っておりませんので、あらかじめご了承ください。
補足
※この講座の申し込みは既に締め切りました。

講座詳細

⇒ 詳細・お申込みはコチラから

本講座では、本年7月に世界文化遺産に登録された「百舌鳥・古市古墳群」を対象に、古墳群が所在する藤井寺市および堺市において、実際に古墳の調査にたずさわった文化財担当者から、最近の調査内容やその成果についてお話しいただきます。あわせて、百舌鳥・古市古墳群が築造された背景について、4・5世紀の東アジア情勢から考えます。

【第1回】11月7日(木)
●古市古墳群の発掘調査成果について

古市古墳群では現在131基の古墳が見つかっています。これはすでに破壊された埋没古墳を含めての数ですが、年間1~2基新たに見つかっています。その中で特に重要である古墳の発掘調査について報告し、古市古墳群の特徴について解説したいと思います。

【第2回】11月21日(木)
●百舌鳥古墳群における近年の調査成果について

百舌鳥古墳群では、近年仁徳天皇陵古墳やニサンザイ古墳などの巨大古墳の調査が注目されています。一方、中小規模の古墳も併せて調査も実施されており、古墳群の重層的な構造が明らかになりつつあります。本講座では、近年の調査のうち中小古墳の発掘成果を中心に紹介し、巨大古墳との関係を検討することによって、百舌鳥古墳群の普遍的価値などについて考えます。

【第3回】12月5日(木)
●朝鮮半島情勢の変化からみた百舌鳥・古市古墳群の出現と展開

百舌鳥・古市古墳群は、4世紀末に築造され始め5世紀には大王墓が連続して築造されるようになります。巨大古墳群の分布が大和盆地北部から河内平野へと移動した背景にはさまざまな理由が考えられています。今回は朝鮮半島における政治的な変動が百舌鳥・古市古墳群の出現と展開に影響を及ぼしたとみて、当時の状況について考古資料から考えてみたいと思います。


備考

■参加方法
・関西大学梅田キャンパスのWebサイトよりお申し込みください。
・受講料は開催日初日にお支払いいただきます。当日、キャンパス1Fにてお支払い場所を掲示いたしますので、ご確認の上お支払いください。

■ご注意事項
定員に達し次第、締め切らせていただきますので、お早めにお申し込みください。

質問する

↑ページの先頭へ

© 2017 Second Academy Co.,Ltd All rights reserved.