検索:

トップ > 講座詳細


講座詳細情報

申し込み締切日:2011-03-30 / IT:スキル:情報処理 / 学内講座コード:008

ITパスポート受験講座

主催:大阪学院大学大阪学院大学エクステンションセンター(大阪府)]
問合せ先:エクステンションセンター 電話:06-6381-8434
開催日
11/1(月)~2011.3/30(水)
講座回数
120分×20回、180分×10回、60分×1回
時間
18:00~20:00、13:30~16:30、18:00~21:00、18:00~19:00(オリエンテーション)
講座区分
通年 
入学金
 - 
受講料
63,000円
定員
50
その他
◆◆お申し込みはこちらから↓◆◆
大阪学院大学エクステンションセンター(参加申込ページにリンクします)
補足
※この講座の申し込みは既に締め切りました。

講座詳細

●2011年春試験合格を目指して各項目の内容解説と問題演習を行います。この資格はIT分野の国家資格である情報処理技術者試験の新資格です。
そのスキルは職業人として誰もが必要なITスキルとして定義されています。
●試験範囲は、ストラテジー系、マネジメント系、テクノロジー系と多岐に渡り、各分野を学習することでITを活用した企業経営に欠かせないビジネススキルの基礎を習得することが可能です。

【ここがポイント!】
●ITパスポート試験は、IT分野の国家資格における基礎レベルの試験です。
●経済産業省の目指す高度IT人材育成の中で、最初のステップとして定義されています。
ITスキル標準のレベル1を証明する資格となり、業種を問わずITスキルを証明するものです。
ITを強みとしたキャリアプランの中で、基礎となるスキルを取得していただくことができます。
指導に定評がある講師が情熱をもって指導いたします。

【就職先として考えられる職種】
業種・職種を問わずコンピュータやパソコンを利用するエンドユーザー部門全て。
民間の総務・企画・営業・製造部門等や、教員、公務員、警察官などが考えられます。

備考

【説明会】
10/6(水) 16:30~17:30

【合格者の声】
私は情報系の学部ではありませんが、このITパスポートの講座を受講したのは、社会人となるうえで必須のスキルだと考えたからです。ITの内容だけではなく、その知識を実際の社会でどのように活かすのか、という能力は職種を問わず様々な業界で求められています。
ITに全く触れない仕事は無いと言っても過言ではありません。

勉強する範囲が広いので、学習した内容をその日にしっかり理解して次に進むことが合格への近道です。
講座自体は「まずITとは何か」というところから始まります。
先生がとても親身に、受講生の理解度を確認しながら講座を進めてくださるので、ITの予備知識が無い私でも遅れずについていくことができました。
納得できるまで粘り強く取り組めば、必ず良い結果がついてきます。

講師陣

名前 富士通エフ・オー・エム講師
肩書き
プロフィール 【講師からのメッセージ】
ITとは「情報技術」のことです。
数年前までは「ワープロや表計算が使えること」、「プログラムが作れること」など、ソフトウェアの使い方やコンピュータの仕組みを知っていることがIT関連知識といわれました。
しかし世界中でITが普及した今日では、「経営力を高めるために、ITをどのように活用するべきか」という視野の広い発想力や認識力が求められます。
例えばITに関わる法律の知識や、情報システム導入に関わるコストや効果を考えられる能力などです。
つまり「ITを使う」能力だけではなく、「ITを活かす」能力が重要視されており、こうした能力は職種を問わず様々な産業分野で求められています。
ITパスポート試験は、こうした社会情勢の中で生まれた新しい国家試験です。
とても貴重で大変役立つ資格のひとつですし、とても面白い学習内容となっています。
質問する

↑ページの先頭へ

© 2017 Second Academy Co.,Ltd All rights reserved.