検索:

トップ > 講座詳細


講座詳細情報

申し込み締切日:2015-04-23 / 情報処理:IT / 学内講座コード:004

基本情報技術者受験講座

主催:大阪学院大学大阪学院大学エクステンションセンター(大阪府)]
問合せ先:エクステンションセンター 電話:06-6381-8434
開催日
5/8(金)~10/14(水)
講座回数
40回
時間
18:00~21:00、10:00~16:00他
講座区分
前期 
入学金
 - 
受講料
106,000円
定員
50
その他
1.お申し込みはこちらから↓
大阪学院大学エクステンションセンター(参加申込ページにリンクします)
2.受講料に教材費を含む
補足
※この講座の申し込みは既に締め切りました。

講座詳細

 2015年10月の試験合格を目指して、各項目の解説と問題演習を行う講座です。基本情報技術者は、情報システムの開発から運用・保守に関する幅広い知識を評価する試験で、昨今IT スキルを持つ人材を多く抱える企業は、他社や取引先からの信頼性や安心感に繋がり、企業評価が高くなると言われています。実際にIT系の資格取得に対する優遇制度を導入している企業や資格取得者のみを採用する企業など、より企業価値を高めるための動きを取っているのも事実です。
 また、プログラマーやシステムエンジニアへの登竜門的な位置づけとなっており、国家資格でもある事から、まさにITエンジニアを目指す方にオススメの講座です。

【この講座のアピールポイント】
■午前試験が免除可能な特別講座
「基本情報技術者試験」は、毎年春期と秋期の年間2回、それぞれ「午前の部」と「午後の部」の2部制で実施されています。一般には、「午前の部」で150分間、「午後の部」で150分間の合計300分間(5時間)の試験を1日かけて受験することになりますが、独立行政法人情報処理推進機構(IPA)に認定された当講座では、「免除対象科目履修講座」を受講し、「修了認定に係る試験」の合格などの修了認定の基準を満たすことによって、基本情報技術者試験の「午前の部」の受験が免除される制度が用意されています(7 月実施予定。受験料¥2,000 別途必要)。
 つまり、午前免除試験合格者は、試験当日、午後の部のみを受験すればよく、試験直前の学習は、午後の部の試験対策に集中する事ができます。
■合格の為の豊富な教材
 テキストに準じた解答解説集を中心に各問題演習も充実。一発合格を目指す為の教材が充実しています。

【この資格を取得した時、就職先として考えられる職種】
 SE・プログラマーへの登竜門と言う位置づけで、IT 関連企業は勿論、一般の企業でも重要視されています。
 特に「情報システム」の担当者やI T エンジニア、プログラマー、システムエンジニアに関わる技術者のニーズがある企業に有利になります。

備考

【説明会】
4/22(水)12:15~12:45

講師陣

名前 ㈱リンクアカデミー資格スクール大栄
肩書き
プロフィール
質問する

↑ページの先頭へ

© 2017 Second Academy Co.,Ltd All rights reserved.