検索:

トップ > 講座詳細


講座詳細情報

申し込み締切日:2021-06-25 / その他教養:日本史 / 学内講座コード:105

日本の城の謎と魅力(3)

主催:大阪学院大学大阪学院大学エクステンションセンター(大阪府)]
問合せ先:エクステンションセンター 電話:06-6381-8434
開催日
7月10日(土) 
講座回数
全1回
時間
13時30分~15時00分
講座区分
1回もの 
入学金
 - 
受講料
1,500円
定員
20
補足
講座を申し込む

講座詳細

日本の城郭は武士文化の精華と言われます。その高く積み上げられた巨石の石垣が放つ圧倒的な力感と傾斜曲線の描き出す優美さ、天空に聳え立つ天守の偉観とさまざまに工夫が凝らされた建築意匠の妙、そして堀と石垣によって画され複雑な姿を見せる郭(曲輪クルワ)の構成、等々。日本の城郭は観る者を魅了して止みません。
講座では、そのような日本の城郭の中でも特に重要と思われる三つの城―安土城、二条城、姫路城―を取り上げて、それらの城郭が何故に建てられ、どのような意義を有していたのかを明らかにしていきたく思います。
(3)姫路城
豪壮優美な姫路城 は、特にその雄大な天守によって強く印象付けられます。それは五重の大天守と三重の小天守3基の、計4基の天守群からなる連立式天守であり、巨大堅固な最強の天守です。しかも外部は白漆喰総塗籠の大壁造りで、耐火・防御の機能性と重厚美麗な外観を備えています。将軍の江戸城天守は単一天守にして下見板張り構造であり、それを凌ぐ巨大・豪華な姫路城の造りは何故に可能であったのでしょうか。

講師陣

名前 笠谷 和比古
肩書き 大阪学院大学法学部教授
プロフィール
講座を申し込む

関連講座

質問する

↑ページの先頭へ

© 2017 Second Academy Co.,Ltd All rights reserved.