検索:

トップ > 講座詳細

資料請求リスト



講座詳細情報

申し込み締切日:2017-01-12 / 文学:日本史 / 学内講座コード:OC54

『源氏物語』花宴巻と葵巻(1)を読む

主催:龍谷大学 龍谷エクステンションセンター(REC)龍谷大学大阪梅田キャンパス(大阪府)]
問合せ先:龍谷大学 龍谷エクステンションセンター TEL:075-645-7892
開催日
1月27日(金)~2月24日(金)
講座回数
5
時間
13:15~14:45
講座区分
後期 
入学金
3,080円
受講料
5,650円
定員
50
その他
一般価格:8,700円
※年会費(入学金)3,080円は、年度途中での入会の方も同額です。

★★↓龍谷大学の各種講座申込みはこちらから↓★★
龍谷大学の生涯学習講座「RECコミュニティカレッジ」HP
※会員の方は、8/30(火)10:00~、一般の方は9/1(木)10:00~受付開始となります。なお、非会員の方は、8/30(火)までに会員登録をされた場合、会員受付日から講座をお申込みいただけます。
補足
※この講座の申し込みは既に締め切りました。

講座詳細

<講座概要>
 花宴巻で朧月夜との出会いが語られたあと、葵巻は矢継ぎ早の展開をみせます。まず桐壺帝の譲位。その後、弘徽殿の女御を中心に右大臣家が威勢を強める政治状況。一方、伊勢下向を思案していた六条御息所と懐妊中の葵上の従者の間で車争いが勃発。このことが遠因になり、葵上は出産後に逝去。四十九日の後に源氏と紫は新枕を交わします。女君達個々の宿世と葛藤が語られる中、テーマとなるのは「御代かわり」。政治状況の趨勢が私生活にも関わる中、物語から去る者と新たに現れる者の交代劇がどのように語られているかを読み解きたいと思います。

<講座日程>
(1) 1月27日(金) 扇の契り
(2) 2月3日(金) 桐壺譲位
(3) 2月10日(金) 車争い
(4) 2月17日(金) 公・私・陰・陽
(5) 2月24日(金) 物思いと物怪

<会場>
龍谷大学大阪梅田キャンパス

<受講対象者>
特に制限はありません。

講師陣

名前
櫻井 清華
肩書き
龍谷大学非常勤講師
プロフィール

関連講座

質問する

↑ページの先頭へ

Copyright 2010 Second Academy CO.,LTD All rights reserved.
セカンドアカデミー スペシャルサンクス