検索:

トップ > 講座詳細


講座詳細情報

申し込み締切日:2022-01-12 / 音楽 / 学内講座コード:21220237

モーツァルトとワーグナー-音と言葉の愉しみ- さまざまの傑作の森を歌詞と音楽の両面から眺めてみましょう

主催:明治大学リバティアカデミー明治大学リバティアカデミー オンライン講座(東京都)]
問合せ先:明治大学リバティアカデミー事務局 TEL:03-3296-4423
開催日
1月20日(木)、1月27日(木)、2月 3日(木)、2月10日(木)、2月17日(木)
講座回数
5回
時間
15:00~16:30
講座区分
後期 
入学金
 - 
受講料
9,900円
定員
90
補足
※この講座の申し込みは既に締め切りました。

関連講座

講座詳細

【講座趣旨】
モーツァルトとワーグナー、およそ対照的なこの両巨匠のオペラ作品を、言葉の面から、音楽の面から、縦横無尽に味わってみましょう。それぞれの作品の、さまざまの面白い場面を取り上げて歌詞を読み、さまざまの演奏で聞き比べながら、ゆっくり鑑賞してみましょう。

【特記事項】
※本講座はリアルタイム配信型(Zoom)型となります。

※お申込み前に必ずオンライン講座ご受講にあたってをご確認ください。

※初めてZoomをご利用になる方は、Zoomご利用ガイドをご覧ください。

■申込締切日:1月12日(水)

■受講に際し、必ず入会と受講のご案内をご確認ください。

【講義概要】
第1回 1月20日(木) 後宮からの誘拐
オスミンとコンスタンツェのアリア、他。

第2回 1月27日(木) トリスタンとイゾルデ
イゾルデの怒り、と、トリスタンの弁明、

第3回 2月 3日(木) 魔笛
夜の女王とタミーノ

第4回 2月10日(木) ワルキューレ
ジークリンデとジークムント

第5回 2月17日(木) ワルキューレ
ブリュンヒルデとヴォータン

備考

【教材】
配付資料
※会員のページ「マイページメニュー」の「オンライン講座視聴・資料ダウンロード」にてダウンロードしていただきます。

講師陣

名前 須永 恆雄
肩書き 明治大学名誉教授
プロフィール 東京都立大学人文学部大学院博士課程終了後、信州大学を経て、現職。
訳書に『モーツァルトのベースレ書簡を読む』(シンフォニア)、『指揮者とオーケストラの間』(同)、『ウィーンの内部への旅』(彩流社)、『マーラー書簡集』(法政大学出版)、『マーラー全歌詞対訳集』(図書刊行会)など、またドイツ語教科書としては『ヴォツェック』(同学社)など。

関連講座

質問する

↑ページの先頭へ

© 2017 Second Academy Co.,Ltd All rights reserved.