検索:

トップ > 講座詳細


講座詳細情報

申し込み締切日:2022-09-16 / 世界史 / 学内講座コード:215

古代メソポタミアの歴史と文化 【対面講座:対面中止時オンライン】

主催:東洋英和女学院大学 生涯学習センター東洋英和女学院大学 生涯学習センター 六本木キャンパス(東京都) / 東洋英和女学院大学 生涯学習センター オンラインキャンパス(神奈川県)]
問合せ先:東洋英和女学院大学 生涯学習センター TEL:045-922-9707
開催日
2022/10/6(木)~2022/12/15(木)
講座回数
10
時間
13:10~14:40
講座区分
通年 
入学金
 - 
受講料
20,000円
定員
15
補足
資料を請求する
※この講座の申し込みは既に締め切りました。

講座詳細

 四大文明の一つとして有名なメソポタミア文明は、ティグリス・ユーフラテス川に挟まれた地で栄えました。この授業では、文字が使われ始めるシュメール時代(紀元前3千年紀)からネブカドネザル2世による有名な「バビロン捕囚」が行なわれた新バビロニア時代(紀元前7-6世紀)までの古代メソポタミアの歴史と文化について、当時の史料やレリーフなどを用いてお話します。
 前期はいくつかの地域と時代に焦点をあて、当時の文字史料の日本語訳も用いながら古代メソポタミアの歴史を概観します。後期は神話や宗教などいくつかのトピックを選び、古代メソポタミアで栄えた豊かな文化についてお話します。
 新型コロナウイルス感染症の感染状況によってはオンライン授業に切り替える可能性があります。

講座内容:年度完結

備考

 ★この講座は対面講座中止時はオンラインで行います。対面講座中止の場合は本学生涯学習センターHPにて公表いたします。

講師陣

名前 青島 忠一朗
肩書き 中央大学人文科学研究所客員研究員
プロフィール 上智大学文学部史学科卒業。中央大学大学院文学研究科西洋史学専攻博士前期課程修了。同大学院博士後期課程入学後、2007年からドイツのチュービンゲン大学古代中近東学研究所(IANES)に留学。2015年より中央大学人文科学研究所客員研究員。
専門は新アッシリア時代のアッシリア王碑文の研究。
資料を請求する
質問する

↑ページの先頭へ

© 2017 Second Academy Co.,Ltd All rights reserved.