検索:

トップ > 講座詳細


講座詳細情報

申し込み締切日:2022-04-05 / その他教養 / 学内講座コード:22SSA27

【オンライン】高等教育の未来 ミネルバ大学から紐解くポスト・コロナの大学経営

主催:東京理科大学 オープンカレッジ東京理科大学 オンライン講座(東京都)]
問合せ先:東京理科大学 オープンカレッジ事務局 TEL:03-5227-6268
開催日
4/12~05/10(火)
講座回数
3
時間
19:00~20:30
講座区分
数回もの 
入学金
 - 
受講料
15,000円
定員
50
補足
資料を請求する
※この講座の申し込みは既に締め切りました。

関連講座

講座詳細

【講座概要】
新型コロナウィルスが猛威をふるい、“キャンパスで、対面で学ぶことが当たり前”と思われていた大学は大きな岐路に立っています。この危機に多くの大学が授業に情報技術を導入する決断に踏み切りましたが、具体的な教授法や学生の学習管理、キャリア支援など多くの面で運営に不安を抱えています。

2014年に開校したミネルバ大学(Minerva Schools at KGI)は設立当初から「高等教育の再創造」を掲げ、以下の問題に取り組んできました。
・社会に出る準備に対する大学と実社会の認識ギャップ
・学習の科学に基づく最新の教授法
・富裕層クラブ化したトップ大学における不平等な教育機会の是正
・情報技術を徹底活用した学校経営のアップグレード

設立前にはさまざまなメディアに酷評された構想は、2018年には全米大学協会会長から「すべての大学が見習うべきだ」と賞賛され、欧米をはじめ世界のトップ大学や企業がその教育システムを導入し始めています。
本講座では、ミネルバ大学の成功の背景にある経営戦略、情報技術の徹底活用によって拓ける効率的かつ効果的な大学運営、日本の大学が導入できることについて解説します。

参考図書:
「世界のエリートが今一番入りたい大学 ミネルバ」 (山本秀樹, ダイヤモンド社)
「Building the intentional University -Minerva and the future of higher education」(B.Nelson, S.Kosslyn, MIT Press)

1回目 「なぜ“不可能”と言われた大学は実現できたのか。」
2回目 「情報技術は大学経営をどう変えるのか?」
3回目 「高等教育の未来ー日本の大学はどうなる?」


【キャンセルポリシー】
キャンセル料は受講申し込み完了後から発生しますので、ご注意ください。必ず、受講お申し込み前に東京理科大学オープンカレッジ受講規約〈https://web.my-class.jp/manabi-tus/asp-webapp/jsp/web/tus/base/kiyaku.jsp〉でご確認ください。

備考

【受講対象】
管理職・リーダー層、専門職、社会人一般

講師陣

名前 山本 秀樹
肩書き AMS合同会社 代表
プロフィール
資料を請求する

関連講座

質問する

↑ページの先頭へ

© 2017 Second Academy Co.,Ltd All rights reserved.