検索:

トップ > 講座詳細


講座詳細情報

申し込み締切日:2022-06-05 / その他教養 / 学内講座コード:710701

食と農の本当の話―歴史の裏側

主催:早稲田大学エクステンションセンター早稲田大学エクステンションセンター オンライン講座(東京都)]
問合せ先:早稲田大学エクステンションセンター TEL:03-3208-2248
開催日
6月 7日(火)~ 6月14日(火)
講座回数
2回
時間
10:30~12:00
講座区分
数回もの 
入学金
8,000円
受講料
5,940円
定員
30
その他
ビジター価格 6,831円
補足
資料を請求する
※この講座の申し込みは既に締め切りました。

講座詳細

【講義概要】
私たちの食と農をめぐる話には誤解が多い。なぜ、私たちの食と農が危うくなってきたのか。その歴史の裏側を知り、本当の理由を知って、対応策を考える。

【各回の講義予定】
第1回 2022/ 6/ 7(火) 食料を輸入に頼り、食の安全性を失い、量と質の安全保障が危うくなってきた本当の理由
第2回 2022/ 6/14(火) 農業所得が低迷し、日本農業が衰退した本当の理由

備考

【ご受講に際して】
◆『農業消滅: 農政の失敗がまねく国家存亡の危機』(鈴木宣弘 平凡社)に目を通していただき、ご受講いただけたらより理解が深まると思います。
◆休講が発生した場合の補講は、6月21日(火)を予定しております。
◆Zoomウェビナーを使用したオンライン講座です。
◆お申込みの前に必ず「オンラインでのご受講にあたって」をご確認ください。

※定員の充足状況の変化や、休講・補講等がある場合があります。
お申込の際は、リンク先の主催校のホームページをご確認下さい。

講師陣

名前 鈴木 宣弘
肩書き 東京大学大学院教授
プロフィール 東京大学農学部卒業。農林水産省、九州大学教授を経て現職。専門は農業経済学。『食料を読む』(日経文庫、2010年)、『食の戦争』(文春新書、2013年)、『悪夢の食卓』(角川、2016年)、『だれもが豊かに暮らせる社会を編み直す』(筑波書房、2020年)、『農業消滅: 農政の失敗がまねく国家存亡の危機』(平凡社新書、2021年)等、著書多数。
資料を請求する

関連講座

質問する

↑ページの先頭へ

© 2017 Second Academy Co.,Ltd All rights reserved.