検索:

トップ > 講座詳細


講座詳細情報

申し込み締切日:2022-06-19 / その他教養 / 学内講座コード:910704

【オンデマンド】MMT(現代貨幣理論)とは何か

主催:早稲田大学エクステンションセンター早稲田大学エクステンションセンター オンデマンド(東京都)]
問合せ先:早稲田大学エクステンションセンター TEL:03-3208-2248
開催日
6月21日(火)~ 6月21日(火)
講座回数
5回
時間
00:00~23:59
講座区分
前期 
入学金
8,000円
受講料
9,900円
定員
20
その他
ビジター価格 9,900円
補足
資料を請求する
※この講座の申し込みは既に締め切りました。

講座詳細

【目標】
・MMTの概要と、従来の経済学との違いを理解する。
・経済理論としての妥当性・課題・発展可能性などについて知る。
・日本経済に、どのような課題や解決策があるかを理解する。

【講義概要】
近年にわかに注目を集めているものの、誤解に基づいて報道・論評されることも多いMMT(現代貨幣理論)が、実際にはどのような経済理論なのか、従来の経済学との違いは何か、どの程度妥当なものなのかを解説します。そして、理論としての妥当性の検証も兼ねて、長期停滞する日本経済を分析しつつ、MMTの知見を踏まえた経済再建策も検討していきます。


【各回の講義予定】
第1回 2022/ 6/21(火) MMTから読み解くお金(マネー)の本質
第2回 2022/ 6/21(火) 財政の機能?政府はなぜ財政破綻しないのか
第3回 2022/ 6/21(火) MMTの経済政策論
第4回 2022/ 6/21(火) MMTから読み解く日本経済
第5回 2022/ 6/21(火) MMTをいかに応用、発展させるべきなのか

備考

【ご受講に際して】
◆この講座は
2021年度 秋期 「MMT(現代貨幣理論)とは何か」 (10/23~12/04 土曜日、全5回)
で開講した講座のアーカイブ講座になります。
◆途中映像音声の乱れるところがありますがご了承ください。
◆オンデマンド講座のため講義内容に関する質疑は受付けいたしかねます。あらかじめご了承お願いいたします。

※定員の充足状況の変化や、休講・補講等がある場合があります。
お申込の際は、リンク先の主催校のホームページをご確認下さい。

講師陣

名前 島倉 原
肩書き 経済評論家、株式会社クレディセゾン主席研究員
プロフィール 専門はマクロ経済学・景気循環論。株式会社アトリウム担当部長、セゾン投信株式会社取締役などを歴任。著書に『MMT〈現代貨幣理論〉とは何か 日本を救う反緊縮理論』(角川新書)、『積極財政宣言―なぜ、アベノミクスでは豊かになれないのか』(新評論)、監訳書に『MMT現代貨幣理論入門』(L・ランダル・レイ著、東洋経済新報社)がある。
資料を請求する

関連講座

質問する

↑ページの先頭へ

© 2017 Second Academy Co.,Ltd All rights reserved.