検索:

トップ > 講座詳細


講座詳細情報

申し込み締切日:2022-09-03 / 芸術・文化 / 学内講座コード:920401

【オンデマンド】日本美術の干支と動物

主催:早稲田大学エクステンションセンター早稲田大学エクステンションセンター オンデマンド(東京都)]
問合せ先:早稲田大学エクステンションセンター TEL:03-3208-2248
開催日
9月 5日(月)~ 9月 5日(月)
講座回数
4回
時間
00:00~23:59
講座区分
その他 
入学金
8,000円
受講料
7,920円
定員
20
その他
ビジター価格 7,920円
補足
資料を請求する
※この講座の申し込みは既に締め切りました。

関連講座

講座詳細

【目標】
・日本美術の名品に親しむ。
・作品の描かれた意味や時代背景について理解を深める。

【講義概要】
今回のテーマは日本美術に描かれた動物です。
干支をはじめ、様々な生き物たちが時にリアルに、時にデフォルメや擬人化されてユーモラスに描かれた作品の数々をご紹介します。
動物にまつわる絵画を通じて、古よりつづく人と動物の関わりや作品の楽しみ方をご覧ください。



【各回の講義予定】
第1回 2022/ 9/ 5(月) 虎と干支の絵画
第2回 2022/ 9/ 5(月) 人々の暮らしと動物
第3回 2022/ 9/ 5(月) 鳥・虫・魚・獣。生き物大集合
第4回 2022/ 9/ 5(月) 珍獣と空想の生き物

備考

【ご受講に際して】
◆この講座は
 2021年度 冬期 「日本美術の干支と動物」 (02/05~02/26 土曜日、全4回)
 で開講した講座のアーカイブ講座になります。
◆途中映像音声の乱れるところがありますがご了承ください。
◆オンデマンド講座のため講義内容に関する質疑は受付けいたしかねます。あらかじめご了承お願いいたします。

※定員の充足状況の変化や、休講・補講等がある場合があります。
お申込の際は、リンク先の主催校のホームページをご確認下さい。

講師陣

名前 新江 京子
肩書き 早稲田大学講師
プロフィール 東京都生まれ。早稲田大学大学院博士後期課程満期退学。専門分野は日本絵画史、特に近世の京都画壇。論文に「若冲画と大岡春卜の画譜―版本学習と「物に即する」画の考察」(『美術史』第161号)、「伊藤若冲の歌仙絵を読み解く」(『美術史研究』第50冊)ほか。
資料を請求する

関連講座

質問する

↑ページの先頭へ

© 2017 Second Academy Co.,Ltd All rights reserved.